個人ビザ

 個人ビザは、ロシア連邦市民もしくはロシア連邦での滞在許可を得た外国人、または法人からの請求でロシア内務省移民局(前ロシア連邦移民サービス)によって発行された招聘状に基づいて、ゲストとしてロシア連邦へ入国するために日本国籍所有者、外国国籍所有者に対し発行される。

このようなビザは、日本国籍所有者もしくは外国国籍所有者に対し、その近親者であるロシア国籍所有者による文書での申請によって、ロシア国内で申請者と共に過ごす場合において発行される。

*近親者に該当するのは、配偶者、未成年の子供、就労不可能な成人の子である。

日本国籍所有者への特記事項

1996年8月5日付のロシア連邦法「ロシア連邦への出入国」に基づき、ロシア連邦外交使節団および領事部は、2017年1月1日から日本国籍所有者に対し、有効期間1年間までのマルチプルビザを発行する。このビザでは日本国籍所有者はロシア国内に継続して90日以内、合計で180日毎に90日以内滞在することができる。

注意点

ロシアの個人ビザは、2012年1月28日付のロシア人や日本人へのビザ発行手続きの簡素化に関する協定の第2項に基づき、被招聘者が90日以内のロシア滞在許可を有している場合、近親者に該当するロシア国籍者による公証認証された日本国籍所有者への招聘状をもって発行される。

 

当査証を取得ために上記書類のほかに下記の書類の中から1点を提出必要となります:

1) 在新潟ロシア連邦総領事宛の、申請者が外国国籍所有者と共にロシアへ入国する旨のロシア国籍所有者による文書での申請。申請書には以下の書類が添付されていなければならない:

  1. 招聘者の有効なロシア海外渡航用パスポートのコピーと原本(返還される);
  2. 招聘者と被招聘者の近親関係を証明する書類(婚姻証明書、出生証明書、未成年の子が後見を要することを示す書類など) ;

 2) 公証認証された、近親者からの日本国籍所有者に対する招聘状 日本国籍所有者は90日以内の期間、ロシアに滞在することのできる許可を持っていなければならない。この文書には、以下の書類が添付されていなければならない:

  1. 公証認証された被招聘者である日本国籍所有者のパスポートの1ページ目と有効なロシア入国ビザのコピー;
  2. 申請者と被招聘者の近親関係を証明する文書(婚姻証明書、出生証明書など)のコピーと原本(返還される);

 3) ロシア内務省移民局(前ロシア連邦移民サービス)によって発行されたロシア入国のための招聘状の原本もしくは電子招聘状をプリントアウトしたもの。