ロシアのビザ取得についての総合案内

  • 日本国籍者がロシア連邦への入国するためには、ロシアのビザを取得する必要となります。渡航をする各人が申請書類を用意する必要があります;
  • ビザには招待の形態や渡航期間により有効期間が定められて、ロシア入国回数に応じシングル、ダブル、マルチプルの3 種類があります;
  • 一時期に有効なビザを1つ以上所持することはできません。有効なビザを所持している者が新たにビザを申請する場合、以前に取得したビザは無効となります;
  • ビザ申請は申請者本人、代理人、もしくは旅行代理店を通じて総領事館にて直接申請することになります。

注意点

旅行代理店を通じて申請する場合でも、申請用紙には渡航者本人の署名が必要です。

 

申請に必要な書類

  • 申請者のパスポート原本。パスポートの有効期限は、申請するビザの有効期限より6ヶ月以必要となります。またパスポートの査証欄には、少なくとも見開きで2ページ以上の余白を必要になります;
  • 印刷された査証申請用紙(アンケート); 
  • オンライン査証申請フォームのみを有効として見なされるようになりますのでご注意下さい;
  • 写真1枚。写真はパスポート用の大きさで4,5х3,5cm、申請用紙に貼ってください。横顔やサングラス、頭に被いをした写真は受け付けられません;
  • 自己のパスポートを所持しない子供を同伴する場合は、その子供が同行する両親のうちどちらか一人のパスポートに併記されなければなりません。申請用紙の(“16歳以下の同伴子供”の欄)に、必要事項を記入してください。また、4歳以上の子供同伴の場合は、申請用紙に子供の写真を貼付する必要があります;
  • アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、英国、グルジアの国籍の方は、一般申請用紙と異なる専用のアンケートを記入しなければなりません。一般申請用紙で申請しますと、書類は検討されませんのでご注意下さい; 
  • シェンゲン協定加盟国(オー ストリア、ベルギー、ブルガリア、ハンガリー、ドイツ、ギリシャ、デンマーク、アイスランド、スペイン、イタリア、キプロス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、フィンランド、フランス、チェコ、スウェーデン、スイス、エストニア)とイスラエル、イラン、アイルランドそして中華人民共和国(観光ビザのみ)の国籍の方は、外国旅行医療保険の所持が必要となります。下記種類のコピーを提出してください。
    • ロシア連邦内で承認されている日本の保険会社発行の保険証書(保険料が支払われた保険期間が明記された保険会社発行の証明書のこと)のコピー。それぞれの旅行に対し所有していること。
  • 特定の国籍の方は ( アルジェリア、 アンゴラ、 アフガニスタン、 バングラデシュ、 ベトナム、 インド、 イラク、 イラン、 中国、 朝鮮人民共和国、 ネパール、 ナイジェリア、 パキスタン、 ルワンダ、 シリア、 ソマリア、 トルコ、 チャド、 スリランカ、 エチオピア) 下記書類の提示が必要となりますので注意して下さい。
    • 日本での3か月以上の滞在許可。当滞在許可を持っていない方は、母国でビザしか申請できません
    • 往復の渡航書類(航空券など)のオリジナル及びコピー;
    • 提示書類のすべての原本(例外:観光旅行の場合は確認書のコピー)。

注意

上記のうち1つでも書類が不足すると、申請が受け付けられませんのでご注意下さい